院長からのご挨拶
昭和50年に先代の父清次が開院して以来、皆様にご支援いただいてまいりました竹中胃腸科はこのたび新築移転させていただくこととなりました。
工事期間中は、患者様・地域の方々に御協力頂き、厚く御礼申し上げます。
新しい設備面では、新しくレントゲンのデジタル化、電話予約システムを導入し、患者様への利便性を図っております。
また、従来同様、経鼻内視鏡・大腸内視鏡を積極的に取り入れることにより、胃がん・大腸がんの早期発見、早期治療を行なってまいります。
今後も消化器疾患の専門医として、また「気軽にかかれるホームドクター」として、親しまれ信頼されるよう、医師・スタッフ一同誠心誠意努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
院長 竹中清之
院長の略歴
平成3年 大垣北高等学校卒業
平成10年 岐阜大学医学部卒業
  現在までに
  岐阜大学付属病院第一内科
  西美濃厚生病院
  長浜市民病院
  県立下呂温泉病院
  岐北厚生病院 に勤務
平成19年3月 当院継承
所属学会・認定医など
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本医師会認定 産業医